申し込み先

竜王文庫 本文へジャンプ
平成29年度秘教科学大学「竜王学院」の第6期生募集は終了いたしました。
●秘教科学大学「竜王学院」の設立をめざして平成24年4月に開校した「竜王学院」の平成29年度第六期生の募集は終了致しました。

 世界が表に現れた或いは現れない秘教家達によって大きく動かされてきた云うことは、古今の歴史を紐解くまでもなく、否定し難い事実です。日本の歴史を見ても役の行者、聖徳太子、空海、最澄、慈円をはじめ名だたる秘教家、宗教家達によって古代から連綿と流れ来たる霊性思想の上に現在の日本の思想的基礎が創られ、彼等の活動はそのまま日本の歴史となっています。混迷する今の日本の未来は、この前述したように玄幽朧気なる「真の秘教家」の双肩にかかっていると云っても良いでしょう。

 昭和28年に三浦関造氏によって創設され、秘教科学を伝えてきた綜合ヨガの実践団体「竜王会」が今日まで細々と維持されてきた理由の一つは、経済優先の戦後日本において、地下深く伏流せざるを得なかった秘教の流れを地上に湧き出させ、「真の秘教家」をこの世に出現させる一つの泉になることでもあります。

 このような状況の中で、「竜王学院」は綜合ヨガ、秘教科学、神智学、ラジャヨガ、アグニヨガ等を研鑽する綜合ヨガ竜王会の協力・後援で平成24年4月より、関西と関東の2地域に将来の秘教科学大学の設立をめざし開校致しました。日本における本格的な秘教科学の研究やヨガの実践を通じて「事実を認識し研究しようとする」意識を持つ学徒を育成する大学の創設をめざすことは、やがて日本に根本的な大変革をもたらす「真の秘教家」出現の露払いとなると確信しています。
 
   ●1.名称 秘教科学大学『竜王学院(4年制)募集要項

   

 『竜王学院の目的 

 綜合ヨガのヨギ(実践者)の育成。

 事実を研究する実践的な学徒を世に送り出して社会の発展に寄与する。

日本の秘教科学のデータベース的な学院として機能させる。

  実践的科学、芸術、宗教、政治経済などの様々な分野の基礎研究機関となる。

      ・世界の聖典及び伝承、古典の研究。

   
2. 場所 当面は関西(大阪・九州)と関東(東京)の2地域で学徒を募集致します。授業の場所は公共施設等の土日借用で、相互対話形式で行います。

  関西地区教室 ☆京都南丹本校
        京都府南丹市日吉町四ッ谷柏木14番地
          の旧五ヶ荘小学校の2Fに開校致します。
          正式には29年4月から募集を開始しますが、先行し          28年度より、開校します。興味のある方はご連絡下          さい。

         ☆大阪教室
        大阪市淀川区西中島七丁目12−5 
         

        ・阪急南方駅下車徒歩5分

         ☆九州教室
        福岡県福岡市西区
        ・JR博多駅駅下車、地下鉄、バス等で30分 

  関東地区教室 東京都墨田区東向島2−38−7
         すみだ生涯学習センター ユートリヤ
         東武線 曳舟駅徒歩5分
         京成線
 京成曳舟駅徒歩5分
  


●3.   運営・協賛  竜王会、竜王文庫。

     

  ●4.講師

・竜王文庫役員

      ・外部講師

   ●5. 授業内容 内容は秘教科学・生命科学、ヨガ、神智学、科学技術、哲学、芸術と多岐にわたります。実践的で社会や日常生活に役立つものを中心に広範囲にわたる内容です。この探求を通じて本質が主で人格を従とする人間形成を目指すことが目的です。

 教材としては竜王文庫の書籍等を中心とした既存のものを使用するつもりです。
        授業は毎月1回、土日或いは平日の2日間、連続して行います。

   
     ・ 綜合ヨガの研鑽・・・・・
     ラジャ・ヨガ、4福音書、バガヴァッド・ギータ、
     アグニ・ヨガ、沈黙の声及び神智学叢書他
 
       自然科学の研究・・・・・
       @宇宙と人間、人間の本質、宇宙発生論

   A重要な法則の研究(3つの力の法則、オクターブの法則)

   B生命と医学

   C科学と宗教と芸術

  ・  現代科学の盲信の研究・・・・・
   原子構造、万有引力、電気の実態、生命の
発生と進化、
   遺伝とは、肉体を流れるものと病気の発生と治癒

   
    芸術文化の研究・・・・・
   歌謡、音楽、俳句、漢字、美術、彫刻、書画など


      社会制度や法律の研究・・・・
   社会制度に関する議論や考察、法律の研究

       

    ●6. 授業料は、年間6万6千円。4年間で全課程を修了。

返金規定 授業料を一括納付された方で自分の求めているものとは違うと云うことで退校される方には下記の規定に従って返金致します。

       4月1日から9月の間
----- 30000円返金

10月1日から12月の間 ----- 15000円返金
                1月1日以降返金なし

     7. 『竜王学院平成29年度4月開校、第6期生の募集要綱

■募集概要


a. 第6期生の募集人員ですが関東、及び関西地区の各教室ともに2−3名程度の定員を予定しています。

性別は不問ですが、年齢については50才くらいまでとし、竜王学院の月1回、土日に連続して行われる研究授業に参加できることを条件とします。尚、申し込み時に「自己」紹介と申し込み動機の委細を書面或いはメールにてご提出し下さい。これが第6期生の入学課題となります。


b.   授業料は年間6万6千円ですが、毎回参加時に5500円を支払って頂いても結構です。教材等は竜王文庫の書籍、コピー本等を利用する。このほかに竜王会の機関誌「至上我の光」の配布を受けます。尚、教材費は授業料の中に基本的に含まれますが、一部資料については有料になる場合があります。

c.   少人数で行う科学的で実践的な授業を予定しています。秘教科学、ヨガ、神秘主義、宗教、哲学、芸術と多岐にわたる内容となりますので、ご了承下さい。
  秘教科学、生命、哲学、芸術などに興味をお持ちの方の応募をお待ちしています。

d.    授業及び研究会は月に1回、土日或いは平日に連続して行い、年間12回実施する。時間が足りない時、或いは学徒の方から要望があれば更に開催回数を増やす等の対応を致します。。


  ■教室の場所

  *既述の箇所を参照。

■募集方法

平成29年3月15日までにメールにて

  
 ・氏名
 ・住所
 ・年齢
 ・「自己」の経験と申し込み動機
 ・参加希望教室(関東、関西)

をご記入のうえ、下記、問い合わせ先にメール或いはお手紙でお申し込み下さい。遅くとも、3月20日までにご返信致します。


■入学申し込み及び問い合わせ先 担当 原

 メール harachu@future.ocn.ne.jp
  住所   :兵庫県宝塚市星の荘24−26 竜王文庫  宛で

 8. 『竜王学院年間のプログラム(変更することがあります。)

 
内容は、初年度及び2年目は、綜合ヨガの中のラジャ・ヨガを中心に秘教科学・哲学・宗教・芸術の基礎を実践的に研究します。3年度及び4年度は、基礎研究の上にヨガ・秘教科学・哲学・宗教・芸術の様々な応用と実践を積み重ねる予定です。
 全体で4年間となりますが、終了後は竜王学院の講師や研究・開発者として綜合ヨガの発展にご尽力頂ければ幸いです。

四期目
(平成27年度)の主な授業例

  初年度は、毎回綜合ヨガの聖典の一つラジャ・ヨガの研究を中心に下記の項目を取り上げて実践・探求してみます。

 4月開院

 綜合ヨガのオリエンテーション・・・三浦関造氏、田中恵美子氏、ジュフ氏の活動説明

・ 「綜合ヨガ」と「汝自身を知る」
・ 統一の疑似体験

・ 三つの力の法則とオクターブの法則

・ 綜合ヨガの聖典について

 5月

・ 神智学の宇宙観
・ 宇宙生命
(マクロコスモス)の構造とその生成、発展、消滅

・ 人間(ミクロコスモス)の構造とその生成、発展、消滅

・ シークレット・ドクトリンの宇宙発生論と人類発生論

・ 世界を貫く生命系統樹

 6月

・ ヨガを概観する。

・ ラジャ・ヨガを学ぶ

・ ハタ・ヨガ、ジュニャーナ・ヨガ、バクティ・ヨガ、カルマ・ヨガ

     ・ アグニ・ヨガの本質

        ・ 経絡と見ざる体の相関
        ・ 意識と臓器の関係

      

 7月

・ 3種類の食べ物とその変化について

  @体を養う食べ物

Aエーテル体及びアストラル体を養う呼吸

Bメンタル体やコーザル体を養う印象、瞑想 

     ・ 食べ物と宇宙の「火」との関係

     ・ 食養生とその方法例

 8月       

 ・ 現代医学の妄想を粉々にする千島学説

 ・ 腸造血説

 ・  細胞の新生説

 ・ 全ての臓器は赤血球によって造られる

  ・ 細胞は細胞分裂によって増殖しない

9月

・ 食べ物と呼吸と瞑想

・ 桜沢氏のマクロビオテックの食物観

・ ハーブを楽しむ

・ 漢方を概観する

10月

 「万物が回転」する原理の基礎となる数値

・ 質量の本質と万有引力の関係

・ 原子の構造とその特質
・ 光を定量化する

・ 超伝導物質の原理

      ・ 周期律表に現れるオクターブの法則

・ 三つの力の法則と物質の化合

・ 空間の持つ次元は縦、横、高さではない

・ 常温核融合と水素燃料

11月

・ 現代科学が秘匿するプラズマの火

・ 太陽とブラズマ

・ 核融合炉に見られるプラズマの性質

・ 宇宙に実在するプラズマ生命体

12月

・ ノアの大洪水と太陽系の大激変

・ ノアの大洪水と恐竜たち

・ 大洪水を生き延びた恐竜たち

    ・ 近代史に記されたカッパ達の記録

1月

・ 日本の黎明期の歴史を学ぶ

・ プレ日本の蓬莱島時代と魏志倭人伝

・ 卑弥呼の時代に起こった地殻大変動

・ 日本の記紀と阿波風土記

・ 日本列島は僅か1700年前に現在の姿になったのか?

      ・ 多民族、多言語国家日本
     ・ ユダヤ人と日本人の関係

2月

・ 宇宙の七重性と人間の関係

・ 人間の持つ七重の体を概観する

・ 低我と高我、及び人格と本質の照応

・ 臓器とチャクラ、経絡とプラーナの流れの照応

      ・ チベット密教を体験する。

3月

・ 生命の木、知識の木、善悪の木、世界樹の真の姿

・ カバラの「生命の木」はアダムとイヴによって「がらくた」となった

・ 生命の木は森羅万象を説明しうる実用的な道具である

   ●9.最後に

     『竜王学院』は超能力や霊能力を開発するための学院ではありませんので、 誤解なさらない様にお願い致します。
     




     


 
    株式会社 竜王文庫
      〒665-0866
     兵庫県宝塚市星の荘24-26
     Tel&Fax 0797-86-0405
      原  忠